おつまみ 簡単料理

《鶏肉&チンゲン菜》中華炒め献立~朝食&夕食簡単レシピ~

投稿日:


こんばんは。

本日は安かったチンゲン菜を使った『中華炒め』で夕食です。
具材、味付けともに凄くシンプルです。
今夜はなんとなくおつまみっぽいメニューになりました。
お酒にピッタリなメニューでございます。

本日の朝食メニュー

*ごはん
*味噌汁(えのき、人参
*生卵
*小松菜とちくわのマヨ和え
*ハム
*ご飯のお供

小松菜とちくわのマヨ和えはレンチンした小松菜、輪切りにしたちくわ、マヨネーズ、醤油を和えただけです。
そしてハムはただ皿にのせるだけという、最早料理とは言えない一品。
何だかんだ生卵があれば御馳走になります。やはり卵かけご飯は大正義!久々の生卵に歓喜する男衆でした。



本日の夕食メニュー

*鶏肉とチンゲン菜の中華炒め
*たちのサッと煮
*なすびのさっぱり和え
*たこわさ

*鶏肉とチンゲン菜の中華炒め
ポリ袋に一口大に切った鶏肉、塩胡椒、酒を入れて15分程漬けておく。フライパンに胡麻油をひき鶏肉を入れる。片面に焼き色がついたら蓋をして蒸し焼きにする。鶏肉に火が通ったら、切ったチンゲン菜を入れ炒める。そこに醤油を一回し入れ、水溶き片栗粉を少々入れとろみがついたら完成です。

鶏肉にしっかりと下味を付けているので、味付けはほとんどいらないです。
水溶き片栗粉は入れなくても美味しいですが、とろみをつけた方が味が絡みます。
チンゲン菜の代わりに小松菜でや白菜でもいけちゃいます。
シャキシャキとした食感が残る様に炒めると、食べ応えあり!

*たちのサッと煮
鍋に水、白だし、みりんを入れ煮立たせる。そこにたちを入れサッと煮る。たちに火が通ったら斜め切りにした葱、豆腐を入れサッと煮れば完成。

北海道では白子のことをたちと呼びます。
先日の買い出しで特売だったたち。
天ぷらも美味しいですが、この食べ方が一番簡単なので良く作ります。
見た目はなかなかインパクト大ですが、味はクリーミーでお酒にもぴったり。
スーパーで見かけたら是非お試し下さい~。

*なすびのさっぱり和え
耐熱容器になすびを入れ4分程レンチン。レンチン後水気を切り、かんたん酢、醤油、かつお節と和えれば完成。

ズッコ母ちゃんが得意とする、ただレンチンして和えただけの一品。
このなすびは前週買って残っていたなすびです。
今回は3本使用したのですが、レンチンしてびっくり。めちゃくちゃ量が減ってる!!
いつもこれに驚くんですが、なすびってお浸しとかにすると量が少なくなった印象になりませんか?
何だかちょっと損した気分になるズッコ母ちゃん。笑
いや、でも美味しいんです。わかっているけどやるんです。その食べ方がしたいから仕方がないんですけどね。

そして今夜のメニューで長男が大興奮。
それもそのはず、長男おしゅうは大の「たち好き」。
もう何歳から食べさせているのかは覚えていませんが、気が付いたらたち好きな子供になっていました。
自分が小2の頃ってたちを食べてたかしら?なんて考えるズッコ母ちゃん。
そんなたち好きの長男おしゅうは、速攻でたちを平らげ「母ちゃんおかわりないの!?」と一言。
本日2パック分がすでに完売し、具の無い汁だけが残されている状態。
長男おしゅう、その具無しの汁を大事そうにすすっておりました。
そして更に驚いたのが、次男にゃんもたちがお口に合った様でおかわりをくれと催促。
もはや「たちを奪い合う兄弟」の図が出来上がっておりました。
そんな兄弟を尻目に「将来、酒飲みになるのが楽しみだな~」と呟く父ちゃん。
また近々たちをメニューに加えようかなと考えることにします。

日々の参考になれば幸いです。

記事下アドセンス

記事下アドセンス




-おつまみ, 簡単料理,
-, , , ,

Copyright© ズッコ母ちゃんの普通ご飯【日々の一コマ劇場】 , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.