おつまみ 簡単料理

焼き氷下魚×水餃子スープでおつまみ夕食~簡単レシピ~

投稿日:


今回は、今が旬の氷下魚(こまい)と冷凍水餃子スープでおつまみ夕食です。
週末だし、お酒でも飲みながら~の夕食。
メニューもほぼおつまみ系が揃っております。
氷下魚(こまい)、久々に食べましたが何とも美味しい。
しかもかなりお手頃なので、カルシウム補給に嬉しい食材です。

本日の朝食メニュー

*わかめうどん

出汁は、水に顆粒の昆布だし、みりん、酒、醤油、塩で味付けしています。
あとはうどんと溶き卵を入れ、水で戻したわかめをトッピングすれば完成。
お手軽でズッコ母ちゃんには嬉しい朝食です。
「明日の朝食はうどんにしよ~」と前夜から考えて眠ると、翌朝は絶対に寝坊する法則。
すぐ作れるわ~と考えて寝坊すると、結局いつもより遅くなるというあるあるです。
父ちゃんからは「週2でうどんがいい」と言われましたが、ズッコ母ちゃんと次男にゃんの昼食のうどん率がやばいので、さすがに週2はキツイかなと。
まぁでも週1位なら喜んで作れそうです。



本日の夕食メニュー

*焼き氷下魚
*水餃子のスープ
*きのこの青のり炒め
*じゃがいも塩辛

*焼き氷下魚
買ってきたものをグリルで焼くだけです。笑

調べてみると、氷下魚(こまい)は主に北海道で獲れるそうです。
そして今が丁度旬のようですね。
買ってきたのは干し氷下魚なので、焼いて骨ごとバリバリ食べられます。
我が家では、マヨネーズ×七味×醤油少々を混ぜたものをつけて食べます。
これがまたお酒にピッタリ!
かなり買いやすいお値段なので、スーパーで見かけた際は是非お試し下さい~。

*水餃子のスープ
鍋に水、和風出汁の素、鶏ガラの素、醤油、みりん、生姜擦りおろし(チューブでOK)、胡麻油を入れて味付けする。
具材は、人参、白菜、冷凍の水餃子です。
ただ入れるだけの簡単料理。
この冷凍水餃子、よくよく見ると「道場六三郎」と書いていました。
どうりでモチモチ食感が半端ないなと。
こちらの水餃子もかなりお手頃価格で売られていたものです。ありがたや。
正直、水餃子を手作りするよりも冷凍で買ってきた方が安いなという値段でした。
冷凍食品も上手に使えば、節約&時短になるなと再認識したズッコ母ちゃんです。

*きのこの青のり炒め
フライパンにバターかマーガリンを入れ、細切りにしたエリンギ、手でほぐした舞茸を入れ炒める。
火が通ったら醤油で味付けし、最後に青のりと和えれば完成。

要はバター醤油炒めに青のりを入れただけの一品です。
きのこも年中買いやすく、節約に大助かりな食材のひとつですね。
今回はエリンギが安くて助かりました。

*じゃがいも塩辛
細切りにしたじゃがいもを耐熱容器に入れ3分程レンチン。
レンチン後、じゃがいもと塩辛を和えれば完成。

ご飯のお供でもある塩辛を活用した、簡単おつまみメニューです。
これがまたウマい!
じゃがいもと塩辛の組み合わせ、誰が考えたのでしょう。
これを考えた方は本当に素晴らしい。それ程美味しいのです。
この食べ方は北海道独特なのかもしれませんが、食べたことの無い方は騙されたと思って一度食べてみて下さい。
絶対ハマること間違いなしです。

 

本日は完全なるおつまみメニューでした。
父ちゃんは日本酒でほろ酔い気分。
長男おしゅうはと言うと、次男にゃんが覚えたてのチューをせがんでいました。
「にゃんちゃん、チューは?」「ほら、チューは?」と何度も迫る兄。
しかし、基本マイペースで自分の気分が乗らない時は絶対にしない弟。
長男おしゅうの求愛も虚しく、無視を決め込む次男にゃん。
それでも諦めきれない長男おしゅうは、何度も次男にゃんに挑んでいました。
この光景も今だけだよな~と、何だか感慨深い気持ちで眺めるズッコ母ちゃんでございました。

日々の参考になれば幸いです。

記事下アドセンス

記事下アドセンス




-おつまみ, 簡単料理
-, , ,

Copyright© ズッコ母ちゃんの普通ご飯【日々の一コマ劇場】 , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.